沖縄ナイトダイブの魅力

アドバンスド・オープン・ウオーターを沖縄で取得しました。1日目の講習は砂辺にて3本潜り、それぞれナビゲーション、中性浮力、ナイトダイブの講習を受けました。2日目はマルチレベル・コンピューターとディープダイブの講習で、1本目は真栄田岬、2本目は前日と同じ砂辺で潜りました。

砂辺で潜った4本のうち、最も印象的に残ったのは1日目のナイトダイブでです。太陽が完全に沈むのを待ってビーチからエントリー、水の中から上を見上げると、浜辺の建物の明かりが水面から差し込み、きらきらとブルーに輝いてみえました。視線を水面から前に移すと、そこには日中とは全く異なる闇に閉ざされた海の世界が広がっています。

水中ライトの明かりを頼りにインストラクターの後を進んでいくと、ハリセンボンやタコ、エビと言った海の住人たちが姿を表しました。これらの個性的で可愛らしい夜の海の生物たちに心を奪われていると、インストラクターの方がふと立ち止まって私たちのほうを振り返り、右腕を上下に大きく何度も振りました。インストラクターの方が腕をヒラヒラと振ったその周辺で、何やらキラキラと光るものがあります。夜光虫です。初めて目にするその美しく神秘的な光景に思わず息を飲み込みました。日中と夜とで全く表情の異なる沖縄の海の魅力に触れ、ますます沖縄が好きになりました。